夏の定番 鰻ざく

最終更新: 8月24日

夏のうなぎ屋さんの定番さっぱりメニュー うなぎときゅうりの酢の物です。

材料(2人前)

  • うなぎの蒲焼 × 1/2尾

  • きゅうり × 1〜2本

  • 生姜 × 15g

  • 塩 (塩もみ用) × 小さじ1/4

  • ①砂糖 × 大さじ1/2

  • ①酢 × 大さじ1

  • ①醤油 × 大さじ1/2

下準備

  • お湯を1〜2リットル沸かしておく。

  • 冷凍のうなぎの蒲焼は30分程度常温で自然解凍しておくと処理が楽です。

作り方

  1. 生姜は薄くスライスし、千切りにします。

  2. きゅうりのヘタを取り除き、2mm幅に薄く輪切りにします。塩を振って5分ほどおきます。

  3. ボウルに①を入れて混ぜ、合わせ酢を作ります。

  4. きゅうりを絞り水気をよく切り、生姜の千切りと共に3の合わせ酢と絡め冷蔵庫で冷やします。

  5. うなぎの蒲焼の余分なタレをお湯で洗い流し、魚焼きグリルやトースターで5〜6分ほどしっかり焼き、うなぎの蒲焼を1〜2cm幅に刻みます。

  6. 4で冷やしたきゅうりと5の焼きたてのうなぎの蒲焼を交互に盛り付け、最後に4で漬けていた合わせ酢を上から回しかければ、夏の定番【鰻ざく】の完成です。



神奈川県横浜市西区みなとみらい | 日本

© 株式会社エスエフジーエージェンシー